新生銀行のつなぎローンにかかる費用は?

一般につなぎローンを利用する場合には金利以外にも融資事務手数料や繰上返済手数料などの費用が別途必要になってきます。
新生銀行のつなぎローンの場合、融資事務手数料は108,000円で、初回の融資時に融資金から差引かれます。
ただ、土地購入代金もしくは建物建築竣工金のみの利用の場合は、融資事務手数料が54,000円と半額で済みます。
繰上返済手数料は新生銀行のつなぎローンではかかりません。
多くの銀行では繰上返済手数料が一回につき5,000円や一万円ほどかかる場合もありますから、この手数料がかからないというのは可能な時にどんどん繰上返済を行なって返済期間の短縮と総支払額を下げる意欲を高めさせてくれます。
つなぎローンにかかる諸費用が低いというのも新生銀行の魅力です。
繰り上げ返済が手軽!どんなメリットがあるの?【新生銀行住宅ローン】